院長ブログ

2014年4月27日 日曜日

抜けた乳歯・抜歯した乳歯をどうするのか。 ~京急蒲田の歯医者 むしが歯科ブログ~

抜けた乳歯・抜歯した乳歯をどうするのか。

国によって習慣や言い伝えがさまざまです。

日本だけでなくアジアでは、『上にあった歯は縁の下に』。『下の歯は屋根に投げる』言い伝えがあります。

この言い伝えが生じたのはどうしてでしょうか?

実は、新しい歯は古い歯があった方向に伸びると信じられているからです。

それに対して、アメリカ・イギリス・カナダでは就寝時に枕の下に抜けた歯を入れておくと《歯の妖精》がきて抜けた歯を持っていきコインと交換してくれるという言い伝えがあるそうです。

ユニークなのがチリやコスタリカ。抜けた歯をイヤリングにして装飾する習慣があるようです。

歯の健康を願う気持ちは各国共通ですね。

むしが歯科 院長 虫賀雄一郎


 


大きな地図で見る

住所
東京都大田区南蒲田 1-7-22
診療時間
◆火水
10:00~20:30
※火・水はお昼休憩はありません。
◆木金
09:30~13:30/14:30~18:00
◆土日
09:00~13:00/14:00~18:00
休診日
祝日、月曜
最寄駅
京急蒲田徒歩3分

詳しくはこちら